Return to site

イリドイド(植物の苦味)

古来よりからだに良いといわれる自然の恵み

AGEは、細胞を老化させる物質です。

AGEは、毒素または老廃物といっても良いでしょう。

ミトコンドリアが少ない場所は、毒が溜まりやすく、ミトコンドリアが多い場所は、毒は溜まりにくいのです。それは、ミトコンドリア自体が、酸素を使いながら代謝を行なう、無駄のないエネルギー生産システムだからです。

分かりやすく解説

東京工科大学 応用生物学部 佐藤拓己教授

ミトコンドリアが少ないところは、ガンになりやすく、多いところはガンの名称がついていません。

多いところは、心臓・骨格筋の赤筋・神経細胞・歯や骨格です。言い換えるとある程度成長するとなかなか細胞が入れ替わりません。

少ないところは、皮膚・腸・骨髄・血・精子と卵子・グリア細胞です。言い換えると細胞分裂が盛んで、細胞の入れ替わりと一緒に毒も排出していて、乱れやすく、炎症を起こしやすい場所ともいえます。

ミトコンドリアは、多い少ないに関わらず、酸素で働き始め多くの酸素を取り込んでいます。ところが、50を過ぎても糖質が多いと細胞質内の「解糖系」が働いてしまいますから、ミトコンドリアの働きが妨害されてしまい、さらにミトコンドリアが取り込んだはずの酸素が活性酸素にたくさん変わりやすくなります。

活性酸素は、細菌やウィルスを攻撃するものですが、多く過ぎると細胞分裂を酸化させたり、老化やガンに繋がるものになっていきます。

このようなことが無いように、50代以降の人は『ミトコンドリア系』を活性化させてあげるような、生活改善をする必要があります。

一番簡単なのは、炭水化物を控えることです。

● AGEを多く含む食べ物を出来るだけ少なく取る

(*アメリカでは、食べ物からのAGEsが体に影響すると確認されています。
しかし、日本ではまだ食べ物との明らかな関係は、確認されていないようです。)

コーラ、醤油、コーヒー、揚げ物、焼き物などはAGEを多く含む食品として知られています。
また、揚げ物などは、再加熱するとAGEが増えてしまいます。
温めなおさず食べれるものは、そのまま食べた方が、摂取するAGEは低く抑えられます。

例)冷や飯、おにぎり

● 血糖を急激に上げないために炭水化物を食べ過ぎない

食べる順番を低GI食品、消化しにくい物から食べる。

そして、筋肉をつけるためにたんぱく質から食べる。
肉、サラダ、ご飯の順番で食べると、吸収が遅くなるり、血糖があがりにくい。
よくかんで食べる。 満腹感が感じられ、食べ過ぎない。

また、過剰な糖分を取り過ぎるのを阻止する食べ物(サラシア、アルファリポ酸)や、酢や牛乳、寒天、おくらや、こんぶなどのネバネバした水溶性食物繊維を含む食品を一緒に食べると、食べ物が吸収されにくくなり、血糖が緩やかに上がり糖化しにくくなります。
また、食後にからだを動かすと、消化吸収が遅くなり血糖が上がりにくいことも確認されています。(とくに、血糖は食後1時間後に一番高くなる為、その時運動していると糖分が消費される為、血糖が上がりにくいと言われています。)

● 抗酸化物質をよく取る

体が酸化すると糖化も促進してしまうので抗酸化物質(カテキンやポリフェノーを含む日本茶、赤ワイン、ゴマ、よもぎ)などをよく取る。

● 夜の10時から深夜2時の間は寝ているように心がける

ホルモンの分泌量がへると代謝が悪くなり、糖化しやすくなるので、成長ホルモンが出やすい夜の10時から深夜2時の間は寝ているように心がける。

● 出来てしまったAGEを分解するものをよく取る

イリドイドは、多くの薬用植物で見出され、それらが薬理活性と関与している可能性がある。

例えば、古来からからだに良いとされてきた植物・・・ヨモギ、芍薬、しょうが、どくだみなど漢方に使われてきた生薬や、ブルーベリー、ゴマ、ノニなど

アウクビンアオキ

オオバコ

神経保護[3]、抗壊疽、抗炎症、抗菌[4]

 

カタルポール

ジオウ

抗壊疽、抗炎症、抗菌[4]、神経保護作用[5]

 

ゲニポシド

クチナシ

抗肥満[6]、抗腫瘍[7

 

ゲニポシド酸オルデンランディア

トチュウ

LDL酸化抑制[8]

 

スキャンドシドオルデンランディア

フタバムグラ

LDL酸化抑制[8]

 

脱アセチルアスペルロシド酸オルデンランディア

ノニ

LDL酸化抑制[8]

 

ハルパゴシド

ハルパゴフィタム(デビルズクロー)

抗壊疽、抗炎症、抗菌[4]

 

モロニシド

サンシュユ

神経保護作用[9]

 

ロガニンスイ

カズラ、サンシュユ、マチン

神経保護作用[9]、肝臓保護作用[10]

 

セコイリドイド

オレウロペイン オリーブ

肝臓保護作用、抗酸化作用、抗炎症作用[11]

 

ゲンチオピクロシドゲンチアナ

センブリ、リュウタン

抗酸化作用[12]

 

スウェルチアマリン

センブリ

脂質異常改善[13]

また、単離された純粋なイリドイドには心臓血管、抗肝毒性、利胆、低血糖、鎮痛、抗炎症、抗変異原性、鎮痙、抗腫瘍、抗ウイルス、免疫調節、および下剤などの広範囲にわたる生理活性がある。また強い苦味を持つものが多くそれらは苦味配糖体にも分類される。

自らを修復する補修効果、防御作用として防虫効果があります。

製品化されたポリフェノールは、時間とともになくなっていきますが、イリドイドは古来から愛用されてきた病気を癒す植物に含まれる成分であり、発行したものは熱に強く9年経っても有効成分がなくなりません。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly