Return to site

数字について

3と6と9について(ミロク)

私たちは特に決済で数字を使います。

決済だけでなく、ものを覚える時にも数字が使われます。

時間、週、曜日、年、記憶を整理するときに使います。

私たちは、日常的に何気なく数字を使いますが、数字は人間が発明したものではなく、発見したものであることを知っていますか?

数字とは、数を数えることをいいますが、言い方を代えるとリズムを測ることです。

私たちの祖先は、生き残るために、住んでいる星のリズムを測ったのです。

暑さや寒さ、雨季や乾季、日照や方角を知るために目に見える星や月、太陽を使ってリズムを測って先を予測しようとしました。

月は旧暦において、新月から満月まで15日かけて満ちていき、さらに元の新月まで15日かけて欠けていきます。これを12回繰り返し、元の太陽の位置に戻る一区切りの1年と決めたのです。

つまり、360日を一区切りとしました。数えることで偶然発見したのです。

これが、円の一回転360°になりました。

そして、1日は24時間、1時間は60分、1分は60秒というように、回転する時の流れは基本的に3の倍数で表されます。

数学とは回転するものが、基になっているということです。

数学は宇宙の言語なのです。宇宙のどこにいても、1+2は必ず3になります。宇宙の全てがこの法則に従っています。

全ての数字は、0から9の基数で表すことができます。10は1、11は2、12は3・・・99は9、100は1というふうに。これを「数字根(Digital Root)」といいます。

0、1、2、3、4、5、6、7、8、9、10(1)、11(2)、12(3)、13(4)・・・・

という連続した数字を3つづつ足していくと、その和は、3、6、9の繰り返しになります。

また、この世の生物の持つ細胞は、受精卵または、種子はバイナリー(2進数)で増えていきます。

1、2、4、8、16(7)、32(5)、64(1)、128(2)、256(4)、512(8)、1024(7)、2048(5)、4096(1)、8192(2)、16384(4)、32768(8)・・・・・・
 

つまり、1、2、4、8、7、5、1、2、4、8、7、5、1、2・・・・・・と124875を繰り返します。

369は出てきません。

このとき、2つの相反するモノがあるとします。それを光と闇或いは磁石の北極と南極としましょう。片面が1、2、4で、もう片面が8,7,5です。これは電気と同じです。宇宙の全てが振り子のように両極間を行き来しています→1、2、4、 8、7、5、 1、2、4、 8、7、5の動きを繰り返しています。この動きは無限(∞インフィニティ)を表します。

124875とは、物質を表すコードになります。

そして、3と6は物質コードに隠れています。

1+2=3、2+4=6、4+8=12(3)、8+7=15(6)、7+5=12(3)、5+1=6、

つまり、3、6、3、6、3・・・・を繰り返します。

3と6は、物質を作り上げるコードになります。3:DNAと6:愛です。

そして、3と6の中に9があるだけでなく、物質のコードの中にも9はあります。

1+8=9、2+7=9、3+6=9、4+5=9、5+4=9、6+3=9、7+2=9、8+1=9

9はどこにでも存在するのです。

つまり、9は宇宙を表します。

0から9の基数に9を足して数字根にすることと、0を足して数字根にすることは等しくなります。

0+9=9、1+9=10、2+9=11、3+9=12、4+9=13、5+9=14、6+9=15、7+9=16、8+9=17、9+9=18

つまり、9は0でもあるということです。足さなくても9は消える。存在しているようで存在しない。目の前にあって見えないものでもあるということです。

このように、9という数字は、両面を統一する数であり、宇宙そのもなのです。振動、エネルギー、周波数=369(ミロク)なのです。

ロシアの科学者は、太陽から出る光・・・フォトン、つまり我々の世界を取り巻いている光子という素粒子ですが、測定する装置を開発し、これを真空の状態で監視しました。

真空内での所在位置は完全にランダムな状態です。

その真空に人体 DNA を入れます。

すると、フォトンは不規則にはポジショニングしなくなります。

それらは明確に DNA の幾何学模様に従います。

これらを観測した科学者たちが口にしたのは『フォトンがとった行動は驚くべき結果で、予想を反したものであった』ということでした。

彼らは言いました。『我々は新たなエネルギーの場と言うものを認めざるをえない』と。

そして、このエネルギー場をトーションフィールド(ねじれ場)と名づけました。

結論は DNA は我々の世界を構成するフォトン(光子)を吸収し、形成するということです。

それは感情が DNA に影響し、DNA が外界を構築するのです。

我々の感情(LOVE)は文字どおり外界を変えるのです。

おまけの補足

弥勒菩薩は、地球上で、お釈迦さまの次に仏のさとりを開くといわれている人です。

ですからまだ仏のさとりは開けていません。仏の悟りを目指して、現在、修行中です。

弥勒菩薩は、お釈迦さまが亡くなって(入滅して)から、56億7000万年後(「龍華三会の暁(りゅうげさんえのあかつき)」)に、お釈迦様に代わってこの世を救う「未来仏(みらいぶつ)」としての役割があります。

それまでの間は、兜率天(とそつてん)という浄土で、未来のことを思い、人々をどうやって浄土に迎え入れようとしようかを考えています。

このことから、弥勒菩薩は、菩薩の力と如来の力を併せ持って、人々を救ってくれると信じられています。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OKSubscriptions powered by Strikingly